• 自毛植毛は医療費控除の対象になるのか

    自毛植毛とは、自分の後頭部や側頭部など、AGAの原因となるDHTを作り出してしまう還元酵素、5αリダクターゼ?型の少ない部分から髪の毛を皮膚片ごと採取して、それを薄毛が進行している部位に移植していく方法です。



    副作用などの体への負担が少なく、メンテナンスの必要がないことから画期的な薄毛治療として注目されています。

    薄毛の様々な相談を受けることができます。

    しかし、自毛植毛に限らずAGA治療のほとんどは保険適用ができずに自由診療となるのが基本です。その理由としては、薄毛治療はあくまで予防が現状維持のために行う医療行為であり、薄毛の状態を放置してもすぐに治療を行わなければ命を落とすような緊急性を要する状態ではないため、美容整形などの美容医療と同じく全額自己負担となるのです。

    ただ、医療費控除については話が別であり、AGA治療の一つである自毛植毛であっても医療費控除が受けられる場合があるとされています。

    自毛植毛において医療費控除の対象となるケースは、円形脱毛症などの免疫自己疾患によって毛髪がなくなり植毛を受ける場合や、事故や家事などによって頭皮の毛髪の一部分がなくなってしまって治療を受ける場合、そしてうつ病などの精神疾患などによって脱毛症となり、見た目の改善のために植毛を受けようとした場合などは対象となります。


    基本的に医療費控除は税務署に置いて相談するものですが、担当する税務署の職員などによっても対象になるかならないかは左右されることもありますので、自毛植毛の治療にかかった領収書などをしっかりと保管した上で税務署で相談してみるのが良いでしょう。

    日本経済新聞が一般的になってきました。