• くせ毛や天然パーマでも自毛植毛は可能か

    自毛植毛は、自分の健康な髪の毛を後頭部や側頭部などの5αリダクターゼ還元酵素の影響を受けない部位から採取して、それを薄毛が進行している部位に移植していく方法です。
    一度全く生えてこなくなった部位でも再び髪の毛を生やすことができるという点では唯一の方法であり、一度手術を受けて発毛してしまえば、その後は周囲の髪の毛と同じように生えては抜けて、抜けては生えてのヘアサイクルを繰り返しながら生え続けて行くので、メンテナンスの必要もないとされています。



    ただ、自毛植毛を行うにあったって、普通の髪質の人であれば何の問題もなく手術が受けられると思われがちですが、生まれつきくせ毛の人や天然パーマなどの人の場合、自毛植毛を行うとどうなってしまうのか気になるところです。

    くせ毛や天然パーマは髪の毛の生え方が独特であるため、植毛をして発毛するようになっても髪の毛が成長したら不自然なヘアスタイルのなるのではないかと不安に思い、手術を受けることを躊躇している人もいるかもしれません。


    植毛手術の直後は、くせ毛のうねっている部分の髪の毛を移植したのに直毛が生えてきたり、逆に直毛を移植したのにカールがかってしまうようになることもあるとされています。

    日本経済新聞に関する企業の一覧です。

    しかし、これらの状態は一過性にすぎず、ヘアサイクルを栗化していくうちに自信の髪質と同じようにくせ毛になったり天然パーマになったりするなど変化していくのであまり気にする必要はないと言えます。
    それでも不安な場合には、一度無料カウンセリングなどで相談してみるのが良いと言えるでしょう。



  • 医療についての考察

    • 植毛と一口に言ってもその種類は大きく分けて2種類あり、自分の髪の毛の利用して行う自毛植毛と、化学合成繊維できた人工毛を使用して行う人工毛植毛があります。人工毛植毛の場合、そもそも自分の細胞ではない人工毛を頭皮に植え付けていくため拒否反応が大きく、移植後1〜2年ほどすると移植した人工毛がすべて抜け落ちてしまうために最近では自毛による植毛が主流となってきています。...

  • 皆が知りたい情報

    • 自毛植毛は体への負担が少なく、もう二度と生えてこないと思っていた部分に再び髪の毛を生やすことのできる方法としては唯一の方法だとされています。自毛植毛とは、自分の健康な髪の毛をドナー採取として確保して、それを薄毛が進行している部位に植え付けていく方法法です。...

  • 医療の事柄

    • 自毛植毛とは、自分の後頭部や側頭部など、AGAの原因となるDHTを作り出してしまう還元酵素、5αリダクターゼ?型の少ない部分から髪の毛を皮膚片ごと採取して、それを薄毛が進行している部位に移植していく方法です。副作用などの体への負担が少なく、メンテナンスの必要がないことから画期的な薄毛治療として注目されています。...

  • 医療の補足説明

    • 脱毛症にも様々な種類があるとされていますが、その中でも円形脱毛症は一般的な薄毛とは原因が異なるとされている脱毛症の一つです。男性型脱毛症、いわゆるAGAの場合は男性ホルモンであるテストステロンが5αリダクターゼ還元酵素によってDHTという強力な脱毛ホルモンに変換してしまうことが大きな原因とされています。...