• 人工毛植毛後の自毛植毛は可能か

    植毛と一口に言ってもその種類は大きく分けて2種類あり、自分の髪の毛の利用して行う自毛植毛と、化学合成繊維できた人工毛を使用して行う人工毛植毛があります。人工毛植毛の場合、そもそも自分の細胞ではない人工毛を頭皮に植え付けていくため拒否反応が大きく、移植後1〜2年ほどすると移植した人工毛がすべて抜け落ちてしまうために最近では自毛による植毛が主流となってきています。
    人工毛植毛の場合、拒否反応のために頭皮が傷んでしまい術後発毛の妨げになってしまうことから最近では人工毛植毛を行っているクリニックは少ないとされているようです。
    また、人工毛植毛を行っていたけれどそれを自毛での植毛に切り替える人も少なくないとされていますが、実際に人工毛植毛から自毛植毛に切り替えることは可能なのでしょうか。



    もちろん、人工毛植毛方自毛植毛に切り替えることは可能だとされています。
    ただ、全く治療を施していない状態の頭皮に自毛を移植するのと、すでに人工毛植毛を行った頭皮に移植を行うのでは治療に時間がかかることが考えられます。
    その理由としては、人工毛植毛を行った場合頭皮トラブルが起きていることが多くまず頭皮の状態を健康に戻してから自毛を移植していくことになるために、治療にかかるまでに時間がかかってしまうからです。



    人工毛植毛は自毛植毛よりも費用が比較的安価であるため、少しでも安くしたいと考えて人工毛植毛を考える人もいますが、頭皮トラブルのことを考えたら初めから拒否反応が少なく体への負担も少ない自毛植毛を受けることをおすすめします。

    livedoorニュース情報に対応した情報サイトです。